腸内細菌と痛覚過敏

On 2008/2/14 木曜日, in anesthesia & critical care medicine, by bodyhacker

Commensal microbiota is fundamental for the development of inflammatory pain — Amaral et al. 105 (6): 2193 — Proceedings of the National Academy of Sciences

腸管の細菌叢がcarrageenan, lipopolysaccharide, TNF-{alpha}, IL-1βなどで引きおこされる炎症性のhyperalgegiaに関わっているというマウスを用いた研究。
痛みの治療にビエフェルミンを処方するとかやってみたらどうだろう。

関連するエントリー:

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

Powered by Facebook Comments

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

madeonamac.gif Creative Commons License