昨日よりすこし遅く家を出ました。
十三で神戸線に乗り換えようとしたらホームに人があふれていました。この時間だとこんなに人がいるのかと驚いていたらポイント切り替えのトラブルで特急が一本運休になっていたと解りました。結局に西宮北口で座れて問題なしでした。おかげでスタバでコーヒーはできませんでした。

朝は
「 麻酔科の保険診療報酬を考える2012」に参加しました
内容は,文字通りです。学会もいろんな活動を行ってくれているのだということが解りました。
その後,医局の大先輩三人と一時間ほど喫茶店で話し込み弁当を食べ損ない慌てて

カメラロール-632
うちの母です-ウソです-

Q04. 優秀演題 神経(基礎)
の会場に滑り込みました。途中弁当だけはゲットできました。
優秀演題に選ばれていたのは

生後マウス脳における新生ニューロンの移動に関与するRho制御タンパク質の発現および機能の解析
太田 晴子先生 名古屋市立大学
デクスメデトミジン全身投与の新規鎮痛作用の解明‐ノルアドレナリン下行性疼痛抑制系を介する機序
舟井 優介 先生 大阪市立大学
骨髄は痛みを感じるか?
石田 高志 先生 信州大学
ボツリヌストキシンAの鎮痛作用と脊髄後角内におけるシナプス作用の検討
根本 興平 先生 獨協医科大学
ラット一過性前脳虚血モデルにおける低体温療法の脳保護効果 -虚血前または虚血後に開始した場合の比較-
長崎 剛 先生 秋田大学
認知障害は海馬シナプス伝達における全身麻酔薬作用を増強する
佐々木 利佳 先生 富山大学
の5題です。
この5人の先生から50点満点で採点して最優秀賞を選ぶのです。
今年は例年に比べて特に研究内容,発表,質疑応答がすばらしかったと感じました。
今日の先生方は今回の学会で聞いたどの講演よりすばらしいと感じました。このようなしっかりとした研究ができる先生方がこれだけいらっしゃるのですから少なくとも麻酔科学会の神経の基礎部門は安泰だと思います。
ぼくはトンデモ無い劣等大学院生で4年間で麻酔科学会はおろかどの学会でも発表できるような研究結果を得ることができませんでした。なのでこのような晴れがましい舞台で話すこともありませんでした。

その後
「医療安全シンポジウム - チーム医療の観点から -」に参加しました。
「チェックリスト」を使わないという選択肢はぼくの所属病院ではすでにないのですが有用性はいまだ確認できたことはありません。少なくとも日本ではやり過ぎても意味は無いと思います。
このシンポジウムのでの梅垣 裕先生の講演「地域医療圏域の医療提供体制において麻酔科開業医の果たす役割-医療安全の観点から-」には感服しました。すばらしい活動を長年されておられます。

シンポジウムが終わり外に出ると大雨でした。
三宮に戻り大学の同級生で麻酔科の同期の先生方と呑んで帰宅しました。

カメラロール-635

動画です

関連するエントリー:

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

Powered by Facebook Comments

Tagged with:  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

madeonamac.gif Creative Commons License