朝出発の時はすでに雨は上がっていました。
立場上今日も学会参加です。

第五会場に居座って講演中心でいきました。
まず中枢神経における水チャネル<アクアポリン>の機能
名市大の祖父江先生の講演でした。
ぼくらも低酸素環境下でのAQP4の発現について調べていました。臨床的現象との関連のデータがないのでお蔵入りとしていましたが発掘して足りなければ足して論文にしようと思いました。いまならいけるだろうという見込みです。

次は小森 万希子先生(東京女子医科大学東医療センター)の
ショックと微小循環
です。
特別な実験系を用いた研究です。項目を少し絞って突っ込んで掘り下げていただくともっと為になったと思います。
酸素の需給をリアルタイムでアッセイできる実験系と融合できれば最高の知見を提供できると思いますというかそういった知見を期待していました。
講演の前に@KatoYoppy と話すことができました。元気です。今回もフル活動のようです。

お昼のセミナーは阪大の柴田 晶カール先生の
TAPブロックの実際:臨床経験と今後の展望
に参加しました。
超満員と言うより部屋に入れなかった人がたくさんいました。今日のラインナップを考えればこのセミナーが一番人を集めることは十分予想できたと思いますが…
セミナーはとてもよかったです。詰め込みせず手技の具体的な側面にこだわらずバランスがよいセミナーだったと思います。柴田先生は声がよく,しかも急ぎせずに話していたのがよかったのだと思います。

講演は,他人がやったこと,他人がやった事を自分でもやってみたということ,さらに自分で新たに見いだしたことが解るように話してもらわないとどう質問して良いのか解らなくなります。またテーマと関係のない冗談を繰り出されても戸惑うだけですし,区切り無く蕩々と話されてもこれまた講演後に残る部分が少なくなります。

その他の雑感は明日以降とします。

< 追記>
医科歯科大学の中山さんや慶応大学の南嶋さんらが尽力してくれて低酸素関連のシンポジウムが12月の福岡での生化学会で採択されました。この分野は重要だし,若い皆さんの将来性が評価されたのだと思います。おめでとうございました。

関連するエントリー:

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

Powered by Facebook Comments

Tagged with:  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

madeonamac.gif Creative Commons License