今日で今年の仕事は最後にしたいです。

ここ二週間ほど夕方になると熱っぽくなりほんと電池切れといった感じになります。

IMG_1260

さて最後に今年のハイポキシア生物学を振り返ってみようと思います。

pubmedを(HIF[TIAB] and 2010[DP])という検索式で調べてみると1136件の論文がヒットします。

過去5年間で同じ検索をすると論文数は下のグラフのように推移していました。

論文数.tif

HIF-1のcDNA単離からすでに15年経ちますがこの分野なお成長し続けています。

また(hypoxia [TIAB] and 2010[DP])だと4167件です。

一方、(anesthesia[TIAB] or anesthesiology [TIAB]) and 2010[DP]だと4361件です。

低酸素研究は麻酔研究全体に匹敵する規模の研究領域なのでしょうか。

ちなみにiPS[TIAB] and 2010[DP]は559件でした。

IMG_1247

今年のこの業界のトピックスをぼくの観点から具体的に論文を挙げて概観してみたいと思います。

あくまでぼくの興味に基づいています。

一月の Keystone meetingの雑感でも書きましたが、FIH-1と Chuvash polycythemia関係でよい研究がいくつか出て来ました。

医科研の清木先生の研究室からの一連のMint3関連の研究では

  • A membrane protease regulates energy production in macrophages by activating hypoxia-inducible factor-1 via a non-proteolytic mechanism
    J Biol Chem. 2010 Sep 24;285(39):29951-6
  • が今年出ました。すばらしいです。

    FIH-1のknockoutの論文もやっと出ました。

    The Asparaginyl Hydroxylase Factor Inhibiting HIF-1alpha Is an Essential Regulator of Metabolism

    Cell Metab. 2010 May 5;11(5):364-78.

    Chuvash polycythemia関連では

    などが出版されました。
    10年前に関わった研究(これこれ)が発展してきてうれしい。

    また代謝との関連でHIF-1, HIF-2が論じられる頻度が格段に増えてきました。

    おびただしい数の論文がでましたが

    をあげておこうと思います。示唆に富む論文だと思います。

    これまたKeystoneでも論じられていましたが高山医学の遺伝学がHIFと完全に結びついてきました。


    はどはその成果です。

    結局HIF周辺に落ちてくるわけですからビックリします。

    HIF-2とHIF-1の違いとくにHIF-2の特権性をあらわにした論文がいくつも出ました。

    これらはその例だと思います。

    genome研究の成果としては

  • Genome-wide association study of renal cell carcinoma identifies two susceptibility loci on 2p21 and 11q13.3
    Nat Genet. 2010 Dec 5
  • この論文も見逃せません。

    2p21の遺伝子はEPAS1です。

    来年はHIFの活性化機構を原理として利用する方法でない細胞内酸素分圧のimagingが可能になってくると思います。

    今年発表されたいくつかのprobeを使ったよい研究が出て来るのが楽しみです。

    それとの関連で

    も注目すべき論文だと思います。

    鉄代謝はもっともっと追究されるべき分野だと思います。これにはぼくも何とか食い込んでいきたいと思っています。

  • Regulation of iron homeostasis by the hypoxia-inducible transcription factors (HIFs)
    J Clin Invest. 2007 Jul;117(7):1926-32.
  • またstem cellの学問との関連を追及した良い論文が出て来ました。

  • Regulation of the HIF-1alpha level is essential for hematopoietic stem cells.
    Cell Stem Cell. 2010 Sep 3;7(3):391-402.
  • 臨床との関連でいくつか挙げておきます。

    最後に

  • Adenoviral transfer of HIF-1alpha enhances vascular responses to critical limb ischemia in diabetic mice
    Proc Natl Acad Sci U S A. 2009 Dec 15;106(50):21276-81.
  • この論文で使っているadenovirusはぼくがGLS研時代に作出したものです。

    とうわけでまとまりに欠けてますが 2010年のハイポキシア生物学を振り返ってみました。
    
今日は1時間くらい掛けました。

    それでは皆さんよいお歳をお迎えください。

    IMG_1252

    関連するエントリー:

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Comments

    Powered by Facebook Comments

    Tagged with:  

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

    madeonamac.gif Creative Commons License