ミトコンドリア本

On 2007/12/31 月曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

ミトコンドリアが進化を決めた

が出版されたようです。
Nick Laneの
Power, Sex, Suicide: Mitochondria And the Meaning of Life
の邦訳です。
注文しましたが邦訳をまだ読んでいません。原書は読みましたがもちろん大変ためになります。
生と死の自然史―進化を統べる酸素」同様広く読まれる本になると思います。
こうして見ると「ミトコンドリアのちから (新潮文庫 せ 9-5)」はかなりの名著です。わかりやすいのみならずぼくらのようなある程度の専門家が読んでも知識の整理になるし発想のヒントが得られるような構成です。昨日も用があり読み返しました。

酸素のはなし―生物を育んできた気体の謎 (中公新書 1925)
という新書も書店に並んでいました。
酸素の歴史ーというのかなーの部分はわかりやすいと思いましたが後半の医学的な部分は少なくともぼくらには不十分です。
考えるヒントという意味では「酸素はからだになぜ大切か―いつも酸素は不足している!」に比較すべきもありません。

関連するエントリー:

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

Powered by Facebook Comments

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

madeonamac.gif Creative Commons License