“The instruction we find in books is like fire”

On 2011/10/1 土曜日, in books, Kindle, by bodyhacker

某学会の準備を始めようと思います。来週中にはポスター完成します。
申請書も完成させる必要があります。明日中に構想をすべてまとめようと思います。moleskineに書き込んでいる段階ですが書き出せばdraftはすぐに出来てしまします。そこから校正を繰り返して提出してしまえば後はどうすることもできません。

R0011138

Kindleですが三種類でましたね。
ぼくはKindle keyboard 3Gを持っているので今回はパスです。
現在”本”ー文字ーを読む以外にKindleを使っていないし近い将来も使うつもりは無いからです。
タッチパネルの導入はすばらしいと思いますが,Page Turn Buttonsが無くなったのは改悪だと思います。これが無いと寝転がって安定した姿勢でページ送りが出来ません。iPadは重い上にpage送りのボタンが無いので気楽な読書に適しません。

Hardwareのことが強調されますが,software的にもかなり進歩はあるようです。
X-Rayなども便利そうです。
Lend Your Books
Public Library Books
などの機能などは日本では現在あまり意味のものも将来的には重要になっていくと思います。
Kindle keyboard 3Gのfirmwareのupdateなどもあるのでしょうか。これは期待しています。

またKindleを持っていない人は今回手に入れたらよいと思います。
Kindle touchのwifiで十分です。

あまりにも簡単に本が買えて便利なのでびっくりすると思います。
ネットにあふれる情報や他人の評価をいくら読み込んでも時間の無駄です。$150ドルほど払って使ってみればたちどころにいろんな事が自分なりに解ってしまいます。現時点で時期尚早と思う人もいるかもしれません。

タッチパネルとカラーディスプレイの導入でイラスト付きの教科書がもっとKindle bookとして出版されたらFireに乗り換えようと思います。それまではKindle keyboard 3Gで粘ります。

NYTの記事(Amazon’s Tablet Leads to Its Store)に寄れば

The price of magazine subscriptions on the Fire are higher than what readers would pay in print. Condé Nast, publisher of magazines like GQ, Vanity Fair and Glamour, is selling most of its publications for $20 a year, nearly twice what it charges in print.

ということだそうです。

Several magazines will be priced even higher, like The New Yorker, which will be $60 a year on the Fire. “It helps us establish that higher price point at our new benchmark,” said Bob Sauerberg, president of Condé Nast.

New Yorkerも年$60だそうで,これは高いと思います。Amazonの価格設定でPCでの既存の価格が上昇すると困りますね。

今日YoutubeでKindleのコマーシャルを見ました。

The instruction we find in books is like fire. We fetch it from our neighbours, kindle it at home, communicate it to others, and it becomes the property of all

というヴォルテールのquoteが冒頭一瞬表示されます。
なのでFireなのですね。
このPRも確かにかっこいいですね。Jobsが退場したあとこの世界を仕切るのは Bezos氏なのかもしれません。
とにかく日本の電子書籍は一回全滅してほしいです。そのあとすべてKindleで日本語も読めるようになることを願っています。

R0011055

林真理子さんの「もっと塩味を!
」が文庫本で出ていたので買って再読しました。以前図書館で借りて読んだ事はありました。

彼女が手がける評伝的な小説-つまり実在のモデルがいる小説-は優れていると思います。
ミカドの淑女(おんな)

白蓮れんれん

RURIKO

などどれをとっても感動的です。

関連するエントリー:

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

Powered by Facebook Comments

Tagged with:  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

madeonamac.gif Creative Commons License