Deliver a Presentation like Steve Jobs
AppleのSteve Job氏と言えばプレゼンの神様のような人として有名ですが、その”魔法のようなプレゼン”を支える秘訣10か条が要約されています。

Wiredではこの記事が要約されていて時間のない人はこっちを読んだ方がいいかも。

How Steve Jobs’ Reality Distortion Field Works | Gadget Lab from Wired.com

1. Set the theme.
2. Demonstrate enthusiasm.
3. Provide an outline.
4. Make numbers meaningful
5. Try for an unforgettable moment.
6. Create visual slides
7. Give ‘em a show
8. Don’t sweat the small stuff
9. Sell the benefit
10. Rehearse, rehearse, rehearse

これの翻訳サイトではもっと丁寧な説明がありますので英語が嫌いな人はこっちを読むこともできます。

Jobs氏の「魔法のようなプレゼン」を支える秘訣10ヵ条 | WIRED VISION

1. テーマを明確に示す。[例えば、『MacBook Air』の初公開では「きょうは空気に何かがある」、昨年のプレゼンでは「きょう、Appleは電話を再発明する」など。プレゼンの頭で提示し、プレゼン中も何回かテーマに戻る。]
2. 情熱を見せる。
3. プレゼンの概略を示す。[「今日は4つの事柄について話したい」など、全体の構成を簡単に前置きする]
4. 数字に意味を持たせる。[「iPhoneがこれまで400万台売れた」と言うだけでなく、「1日平均2万台売れていることになる」と付け加える]
5. 忘れられない瞬間を演出する。
6. 視覚に訴えるスライドを用意する。
7. 1つのショーとして見せる。
8. 小さなミスやトラブルに動じない。
9. 機能ではなくメリットを売り込む。
10. 繰り返しリハーサルをする[Jobs氏はプレゼン前に何時間も練習しており、映像などとのマッチングも完璧にする]。

”巧い”プレゼンテーションを否定する訳でないのですがものを売るためのプレゼンと科学者が行うものを同列に論じる事はできないのかもしれません。

最近学会では、別にパンフレットを読めばそれで十分、すでに他の論文に書いてあるというような話を一時間もかけて紹介する一種の興業みたいな、なんとかセミナーと称したものが企画されていることがありますーというか常にそういったものが企画されています。
あんた会社の営業の人ですかというようなプレゼンテーションがあまり派手なプレゼンテーションなのもどうかと思いますね、ぼくは。

関連するエントリー:

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

Powered by Facebook Comments

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

madeonamac.gif Creative Commons License