4時頃ゲリラ豪雨に京都市左京区聖護院付近は見舞われました。
比叡山の方向は完全に明るくて極局地的な現象の様に見えました。
ばーっと雨が降ってその雨があがると,大文字の谷々からもわーっと真っ白な霧が立ち上ってきます。
この景色は京都の景色に中でも最高のものの一つだとぼくは思っています。
デイ・サージャリー診療部は眺めだけは一流です。

http://farm7.static.flickr.com/6028/5880922200_8bcdbfd1f9_m.jpg

ところであのMendeleyのversion 1.0がリリースされたそうです。
確かにこの強力なアプリというかサービスがタダというのはすごいです。
自分のpublication listはこれに入れてます。(参照

またPLoSからこんなサービスが提供されはじめていたのですね。
個々の論文がどのように世間で扱われているのか定量的に示されると説得力がありますね。NatureとかCellの論文は閲覧回数はすごいとおもうんですけど何回引用されたか,またその回数がどのように経時的に推移するか5年くらいかけて観察していけばその論文の世間的な価値が解ってくるのだと思います。その意味では論文も5年くらいかけないとある程度の価値は解らないのかもしれません。5年かかって100回以下の引用くらいだとやっぱりその程度がということでしょうか。

月曜日から〈民主〉と〈愛国〉―戦後日本のナショナリズムと公共性を今週読み返しています。
震災前から震災後も日本を貫くダメっぷりの源泉は,日本のシステムに埋め込まれた「無責任の体系」(丸山眞男)というエトスだと思う。今にはじまった事ではないよね。

http://farm7.static.flickr.com/6029/5901155689_f661e6127c_m.jpg

Youtubeに東大の児玉さんが国会で証言したビデオが公開されていました。水曜日にNHKのラジオで報道されたのは聞きました。あんな児玉さんは見たことがなかったのでちょっとビックリしました。
原発問題ははじめ当初悲観的な意見を述べるのはむやみに不安を煽るだけなので慎めなどという意見もあって,最悪の事態とはどのようなものなのか,今すべき最重要な事は何なのかについての議論が封じ込められていたと思います。児玉さんのこのような証言も3月当時に行われていたら今とはまったく別な意味を付与されていたのかもしれません。

http://farm7.static.flickr.com/6001/5901713350_206e5b20fc_m.jpg

今日手術室から,研究室に戻ったら雑誌に水滴がついていることに気付きました。
エアコンから水がリークしていたのですね。
実はこのリーク今シーズンエアコンを使い始めたときというか去年からから起こっていたのですが,面倒くさいので,エアコンの真下にトレイをおいて漏れた水を受けていたのです。それが今日の午後の湿気に耐えきれず別の箇所からも漏れ出してトレイで受けきれず下にある本棚に水がプチ滝みたいに流れ落ちていたというわけです。本も何冊かは水をたっぷり吸ってぶよぶよになっていました。
参りますね。こんな劣悪な研究環境なんですよ。嫌になってしまいます。
大学も間接経費とるのだったらちゃんとした研究環境を提供しろ!!と言わせてください。
しかし山陰線ちゃんと動いてよかった。

研究室の院生の間でMacbook Airを買うのが大流行です。macの速さに負けない,速い macで解析しないと追いつかないくらいの膨大なデータを集めてください。ぼくは考えるのもtypingも遅いので今のMBAで十分です。原稿料などで元を取るまでは買い換えないという方針で。

〈民主〉と〈愛国〉―戦後日本のナショナリズムと公共性

関連するエントリー:

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

Powered by Facebook Comments

Tagged with:  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

madeonamac.gif Creative Commons License