“WTC 9/11″のWorld Premiere

On 2011/9/13 火曜日, in Lifehacking, news, paper of the week, by bodyhacker

ここ10日くらいblogのエントリーの更新ができませんでした。

体力の限界というわけではなくただ単にぼくに余裕がなかったのです(参照)。
職場に二組の先生方の見学があったりその他いろいろあって思うこともたくさんあったのですが,エントリーを書く精神的な余裕が全然ありませんでした。

R0010954

その間に”9/11”も過ぎてしまいました。

New York Timesのこの特集が詳しくて興味を引かれました。

10年前の9/11はぼくら家族は米国メリーランド州ボルチモア市に滞在していました。

あの日はすごく天気がよかったのを覚えています。いつも通り朝6時頃研究室に出てWesternのゲルを固めて蛋白質の泳動を始めた頃World Trade Centerに飛行機が突っ込んだというニュースを研究室のポスドクのDom君から聞きました。
事故だと思っていたのですが,二機目も突っ込んだということでこれは事故ではなくテロだと言うことになりました。10年前にはTwitterもなくぼくらの研究室のネット事情はお寒いもので何が何だかよく解りませんでした。3機目がペンタゴンに墜ちたというニュースのあと,4機目がドーム(Johns Hopkins Univ. Hospitalのシンボル的な建物でぼくのベンチの真下に見えていた)に墜ちるのではとか皆と話していたところ4機目はペンシルベニアの平原に墜ちたというニュースが伝わってきました。

帰宅しろとかそういった指示があったわけでないのですが結局皆午後の早いうちに帰宅して研究室はガラガラになりました。ぼくは実験の残りがあったので片をつけてそれでも午後3時には研究室をでました。I83がガラガラだったのを覚えています。
その意味では時差の関係で夜の時間にすべてをTVで観ていた日本の人たちの方がリアルタイムでいろんな情報を得ていたのかもしれません。

10年目と言うことで日本でもNHKを中心にいくつもの番組が放送されそのうちのいくつかを観ました。

NHKで先週の土曜日Steve Reich氏の新作”WTC 9/11″のworld premiereの様子丸ごと放送されたのを観ました。
NHKはすばらしいですね。こんなの民放では絶対に放送してくれませんよ。
しかも本人とKronos Quartetのメンバーのインタビュー付きです。インタビューでも何でもまずあの日のあの時間自分はどこにいて何をしていたのかを皆が語ってからいろんな発言をし始めるのが印象的でした。

再放送はあるのかないのかは知りません。

”WTC 9/11″はここから試聴できます。

Wtc 9/11/Mallet Quartet/Dance Patterns

JCIに京大の柳田さんの部屋からの論文

Dysfunction of fibroblasts of extrarenal origin underlies renal fibrosis and renal anemia in mice

J Clin Invest. doi:10.1172/JCI57301

が出ていました。すごいですね。
いろいろと openなquestionsも惹起する大変大きな仕事だと思います。実際にいろいろ聞いてみたいこともあります。
さすが「白眉」です。

R0010903

ここ二週間くらいはある総説にかかっていたのです。〆切のある原稿を英語で書くのはしんどいです。でもようやくほぼ完成です。referenceを割り振って,figure legendsを書けばお終い。これでも〆切には間に合っていません。情けないです。

こういった方法を使うのも手なのでしょうか。でもなんか釈然とはしませんね。

R0010952

最後にこれにはびっくりです。私大に移ると幸せになりそうな予感。

関連するエントリー:

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

Powered by Facebook Comments

Tagged with:  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

madeonamac.gif Creative Commons License