サクラが咲いています。病院の駐車場のサクラも8分咲きとなっています。
毎年この時期に「桜が創った「日本」―ソメイヨシノ 起源への旅 (岩波新書)」を読み返します。

カメラロール-116

京都を訪れる観光客もこの時期増えて来て外国人の観光客もかなり目立つようになっています。
今日地下鉄に乗っていると三人の外国人に声を掛けられ結局彼らは英国からの旅行者だと言うことがわかったのですが最後になぜか写真を撮られました。意味が最後までわかりませんでした。

最近はこのサクラの時期に文部科学省と学術振興会がスポンサーの科学研究費の交付内定の通知がなされます。電子申請システムを通じて事務からの通知がある前にかなりの事が解るようになっています。
多くの普通の研究者にとっては大きな関心事の一つです。

毎年秋に提出した申請書がその分野の「学識の高い人達」によって審査されてその結果が発表されるわけです。
この科研費が取れないと研究の支障が生じて大変困ったことになります。

一人でいくつも申請ができるわけではありませんが重複制限に抵触しないかぎりの申請を毎年ぼくでも試みるわけです。共同研究者の研究を一部分担することにより取得する研究費もあります。他省庁や民間の研究費もありますが臨床活動もしていて書類を作成する十分な時間が取れません。秋の10日くらいをかけて一気に仕上げてしまいます。ほとんどは一日で書き上げてしまうのですがそこから削って,削って,少し足して完成させます。

目標はぼくの場合,平均して年間1000万円です。これだけ集めるとぼくの研究室を維持することができます。つまり大学院生4人が実験を継続するためにはこの程度の資金が必要だと云うことです。
これ以上あればいろんな事ができるかも知れませんが,これより少ないと大変困ります。自分の集めた研究費でやりたいというのが職業研究者のぼくの矜持です。

以前在籍した研究所では,外部資金を一円も獲得しなくともこれ以上の研究費が支給されていました。精神的に楽でしたが今やそれを望む事はぼくにはできません。
小説「1Q84」のヒロイン青豆も云っています,「でもしかたない。与えられたものでやっていくしかない。」と。

カメラロール-104

まだ読んでいなかった竹内薫さんの「科学嫌いが日本を滅ぼす―「ネイチャー」「サイエンス」に何を学ぶか」を読みました。
科学専門誌でない一般月刊雑誌「新潮45」の連載をまとめたものだそうです。
それゆえとても一般読者にも解りやすいものになっています。科学に直接携わっている人が読むと物足りなさを覚える部分のあるかも知れませんがちりばめられているエピソードが結構おもしろく一気に読めてしまいます。
科学上の捏造,盗用も取り上げられています。
今週報道された東京大学の一件には驚きました。(参照 御大のtweets
実際に何が起こったのかはぼくらには解らないので何ともいえません。
非常に不可解な一件です。

京都大学新聞」という新聞がなぜか発行される度に配達してくれます。

最新号に京大ルネの書籍売り上げ年間ベスト100が掲載されています。

ベスト10を挙げてみます。

武器としての決断思考 」がダントツです。

今度「図書館」シリーズを読んでみようと思います。

  1. 武器としての決断思考 407冊
  2. 思考の整理学 318冊
  3. 恋文の技術 299冊
  4. プリンセス・トヨトミ 280冊
  5. 図書館戦争 271冊
  6. 「大発見」の思考法 265冊
  7. 夜は短し歩けよ乙女 211冊
  8. 図書館危機 208冊
  9. 四畳半神話大系 200冊
  10. 図書館内乱 198冊

関連するエントリー:

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

Powered by Facebook Comments

One Response to 「でもしかたない。与えられたものでやっていくしかない。」ー研究費のことです

  1. H Fujita より:

    5号館さんのところから、低酸素?、そりゃ岩波文化人のアイツやろ・・・とやってきました。久しぶり。
    1千万を単位とした5年くらいのグラント(RO-1クラス)が、普通のサイズになって欲しいですね。とはいえ、それに該当する基盤Aは領域に数件でなかなかあたらんし(4連敗だったか、5連敗だったか)、選択と集中と云われはじめて、当方は選択されない側にいることを思い知らされています。
    先日、学会で15年ぶりくらいでキャンパスに入りましたが、偉いコジャレタ大学になってしまいましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

madeonamac.gif Creative Commons License