先週の木曜日からお腹の調子が悪く空腹感というものが無くなっていたのですが一昨日から復調して昨日,今日にはお腹が空くという感覚が戻ってきました。
今週から朝は1時間早起きをして論文の作業を継続してます。結構進んでいます。

R0012306

英会話はスポーツだ」という本があります。著者は我らが諏訪邦夫先生です。

諏訪先生がご自身のページで,「英会話はスポーツだ」の続編的な文章「英会話はスポーツだ「実践編」」を公開されています。

序章をすこし長めに引用させていただきます。

議論ができなかった留学生の記事

読売新聞 2012 年 5 月 11 日の「大学再生」(第二社会面)に、こういう記事がありました。
アメリカに短期留学している学生の言い分です。 講師のビジネス論に対して、ドイツ人留学生が反論したが、日本人留学生はその議論を黙って聞くだけだった、と。
これに対して、当の日本人留学生は「自分の意見をどう伝えれば良いかわからなかった」と後でコメントしており、記者もそれに同意しているようです。
そんなバカなことがあるでしょうか。彼はドイツ人の留学生より格段に愚かなのでしょうか。知力のある学生のこの発言は納得できません。記者の同意にも不賛成です。 私の判断は違います。この記事を読んで私が感じたのは、彼は議論に参加するだけの「英語学力特に速度がなかった」ということです。それが私の解釈で、その点を当の留学生も記者も見落としています。
議論に参加する発言は即座に行わねばなりません。ゆっくり考えてモタモタ述べたのでは議論になりません。それが「自分の意見を伝えられなかった」という不満の原因です。 議論の仕方や知識の問題ではなく、英語力の問題です。それも英語を高速でつくって話す能力がないだけです。ドイツの人たちは、基本言語の構造がそっくりで、高速英作文は得意だから発言できたのです。 その点を留学生も記者も気づかずに、発言し記事をつくっています。

このように説き起こし,

英文を高速でつくるトレーニング 「英文を高速でつくる」トレーニングには、実際に「英文を高速でつくる練習」をします。それ以外にありません。前提として、英語の基本文型などはもちろん知っておかなけ ればなりませんから、なければそこにも努力が必要ですが、ここではその知識は一応あるとします。

という結論を導かれます。
そしてそのための「実践法」を紹介されているのです。

さすが諏訪先生です。いつもながら明快です。

これにぼくの体験に基づく意見を少し加えてみます。

1999年に米国に留学しました。それまでに外国で生活をしたことはありませんでしたので英語での生活はかなり不安要素でした。しかし忙しさにかまけて英会話教室に通うなどの準備はしませんでした。
到着してはじめにすべき生活のセットアップは先に留学していた皆さんのおかげでなんとかできました。
次に問題となるのは研究室での英語です。ぼくは相手の英語をしっかりと聞き取る能力が低いと自覚していました。なので研究室でその欠点が前面に出るとつらい留学生活になるのではと大変危惧していました。
幸いに受け入れ先の先生の英語はよく解りました。多分ぼく向けに明瞭に話してくれていたのだと思いますがとにかく彼の云うことはほとんど聞き取れて意味が理解できました。時々解らないことがあるのですがそれは言葉がわからないので無く意味がわからないのだということに気づき,自信を持って-つまり聞き返すことに負い目を感じること無く-質問をすることで解消できました。彼との会話の大部分は研究に関連したことなので彼が話している内容さえわかればそれに合わせていくらでも高速に英作文をしてそれを言葉としてはき出すことができたのです。これができると解った時点で研究室でのストレスは無くなりました。
しかし,最後までバーガーキングでの注文はストレスで,自分でしゃべるのは嫌なのですべて息子にやってもらっていました。

ぼくのポイントは,高速で英作文ができる前提として相手の話している内容をリアルタイムにほぼ完全に理解している必要があるということです。少なくとも研究の特定分野の知識は同程度には持っているという自信はありましたしその意味で彼の話すことの内容は自分には理解できるのだと思っていて話を聞くので結局「解る」のだと当時も今も思っています。留学の最後の方では,彼がどのような質問をするのかも大体解っていたのでそうなると楽です。
「自分の意見をどう伝えれ ば良いかわからなかった」というのは相手の話している内容をリアルタイムに理解できない場合には生じると思います。つまり出力の時の英作文の速度もありますが理解の速度の問題は大きく,その前提として議題への理解の深さということもあるだろうということです。
生活を続けていると聞き取り能力はどんどん向上していきました。FMラジオのニュースなどの内容というより言葉の一言一句が解るのです。米国のラジオのアナウンサーはとてもわかりやすい英語を話します。なのでかなり早口でも理解可能でした。一方TVのニュースを眼をつぶって聞き取ろうとしても完全に聞き取れるようにはなりませんでした。TVではLarry Kingは最後までほとんど聞き取れませんでした。captionの補助が無いと彼の番組は理解不能でした。
まとめると,議論の成立には相手の主張を理解する必要がありそのためには内容がそもそも自分の理解の範囲のものであることに加えて英語が聞き取れるというとこが必要である。また理解ができる範疇の議題については高速で英作文をしてそれをはき出していくのにはさほど困難はない,ということになります。

実はこれは日本語での議論でも同じですよね。
論点が捕まらなければ議論が成立しません。学会の議論なども盛り上がりに欠ける事態は聴衆が演者の講演を理解できていない場合に起こるのです。
また日本人は日本語が自由に操れるというのはおそらく一種の幻想です。学会の抄録集で抄録を100くらいしっかり読んでみたら解ります。

学会と云えばtwitterで興味深い「コラム」が紹介されていました。

大阪大学の近藤滋先生が雑誌「細胞工学」に連載中のコラムの内容をご自身のページで公開されているのです。

タイトルは「学会なんかいらないっ??!
近藤先生は 2013年の分子生物学会の会長をされるそうです。学会をいかに会員の喜ぶものとするのかについて現行の学会の抱える問題点を列挙されています。
例えば,

そもそも、研究集会がまともに機能するには数100人(できれば100人以下)が限度なのは、わかりきったことだ。国際的な研究集会であるキーストーンや、ゴードン会議などでは、興味の対象が共通の研究者を集め、大きすぎない規模の会議を開き、一定期間缶詰にすることで、有効な情報交換を可能にしている。有力な研究者は皆、そのような会議に集まるので、国際的な研究発表の場としてはそちらが本番になる。また、最近は、理研や国研、大学付属の研究所や研究グループが、似たようなスタイルで分野を絞った会議を開いているので、情報交換・研究発表のニーズは、そっちの方で満たされてしまう。1万人も集まると、「缶詰状態」にするのが不可能なので、そうした分野を絞った集会にはどうしても向かない。

と書いておれます。同感です。

とすれば「1万人規模の学会は何を目指すのか」という点から議論が起こる必要があると思います。
麻酔科学会にも当てはまるものは多く,会員がこぞって朝から晩まで参加しようと思える学会に変わることができると思います。
ASAのannual meetingを模した形式の学術集会開くという方針ありきでは皆が参加したい思わず参加してしまう学会にはなりにくいと思います。

最後に,論文の査読ってあれなんとかなりませんかね。
今年の一月から先週まででいくつかの雑誌に投稿された19編の査読しました。ほぼ毎週じゃないですか。これぼくには限界ですよ。ぼくは雑誌のeditorでもないしeditorial boardにも入っていないタダの現場労働者ですよ。
これをもし某雑誌のeditorのエライ先生方が読んだら今年は二度とぼくに原稿を送らないでください。今年一年分の仕事はもう済んだはずです。

英会話はスポーツだ

関連するエントリー:

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

Powered by Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

madeonamac.gif Creative Commons License