我が家のブーム

On 2009/11/26 木曜日, in Net Watch in Science, news, by bodyhacker

昨日と今日とかなり天気がよかったようです。ほとんど外に出ていないので暑さ寒さがわかりません

R0012398.JPG

Democratic fallacy

ということで例の事業仕分け関連の記事がNatureに。

結構クールに他人事のように淡々と記述されていますね。本当に他人事なのでしょう。

Transparency and public involvement, both of which are weak in Japan, should certainly be encouraged

とかまあ正論といえば正論です

Perhaps, as one researcher described it, this is “a bad dream” and scientists will wake up in January to find that the government gave the recommendations due consideration before moving forwards.

ということであまり悲観しないようにしなといけないのかも。

若くもなく女性でもないぼくなど初めからお呼びでないようです 困ったものです こういう無能な爺が退場することが日本の科学の未来にとって重要なのかもとかはまったく思っていませんけど

それにしても「歴史の法廷に立てるのか」とかもっと気の利いた言い方もあるのでは。

今週は「国立大学法人」が俎上にのぼったそうです。

仕分け人からは「みんなでコストを削減しようと言っているのに(国立大学は)経営努力が感じられない」

とか非難されたそうです。確かに経営努力といえば賃金カットくらいしかやっていないのでは。ボーナスカットの為に11月中には賃金カット決めたそうです。

なぜか我が家では川上未映子さんがブームです。
家内が

ヘヴン
先端で、さすわさされるわそらええわ
そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります (講談社文庫)
乳と卵
とか読んでいるわけでびっくりしました。

今日の最後に
■たとえ死んだとしても生命科学の研究者を志してはいけない

にはびっくりした ここまでの話はぼくの近くでは聞いたことはないな

関連するエントリー:

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

Powered by Facebook Comments

Tagged with:  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

madeonamac.gif Creative Commons License