レブン書房閉店

On 2012/7/31 火曜日, in book, books, Kindle, Net Watch in Science, Thus Spoke Dr. Hypoxia, by bodyhacker

ぼくらの大学の医学研究科には修士課程があって医師免許を持たない学生さんが大勢在籍しています。
年に一度これらの学生さんの「病院実習」という名の「病院見学」があります。
今年は28人の学生さんを手術部にお迎えました。人の話を聞いていない人もいてちょっとした修学旅行生の引率のような役回りを演じました。手術着に着替えると誰が医学科の学生と修士課程の学生の区別が全く付かなくなるので困ります。それでも研修医の先生方は明確に学生とは違って直ぐに解ります。医者になってまだ4ヶ月くらいのですが振る舞い方が手術室において違和感ないのですね。
この実習,病院内の各部署を廻っていただくのですが,担当教員を決めてその教員と一週間密着などすれば学ぶことは多いと思います。もっともそれをやり過ぎると医者をやってみたくなる学生がたくさん出て再受験予備校となる危険性はあると思います。
医者って面白い職業ですよ,単純に。

IMG_6022

楽天が電子書籍リーダーのkobo touchとそれを用いるサービスを開始しました。
予想通り評判は良くありません。
koboにはiPhone, iPadやMac用のアプリがありません。こんな状態では買う気になりません。KindleはiPhone, iPadやMacのどれからも読み込めて同期までできるのにね。こんなので商売しようという人の気が知れません。100万台売るつもりらしいですがたぶん無理でしょう。
Kindleのリーダーはamazon.comが提供しているサービスに関連つけられているものは持っています。
Amazon.co.jpと関連したサービスももうじき始まるようです。
リーダを買い直す必要があるのならしばらく購入はしませんがファームウェアのアップグレードで済むのであれば利用すると思います。

青空文庫の リーダーはiPhone, iPad版も公開されていてよく利用します。Macでもよく利用します。
夏目漱石,芥川龍之介, 森鴎外,太宰治,宮沢賢治などの小説から随筆までほとんどを網羅していて自由に読むことができます。
電車に乗っている時間はぼくの場合はほとんど読書時間です。かばんにあらかじめ本を入れて乗り込むこともありますが乗車時間が長い場合,書店で本を買って乗り込みます。読むものがない場合,思いだしたように青空文庫の小説を読むことがあります。例えば芥川龍之介,太宰治の小説は一つ一つが短いのでいくつもまた何度でも読み返すことができます。電子書籍の利点の一つです。
ストーリーをすでに知っている小説でも出張先,旅先などその時々ぼくが置かれた環境で新発見がそのたびにあります。このように何度も何度も読み返す文章ははすでに「本」の体裁を取っている必要がぼくにはありません。意味のあるものは内容,テキストでありどのような媒体でそれを「読んでも」まったく関係はありません。
このような読み方を電子書籍となった新刊本ですることになるかは自分でもよく解りませんが少なくとも近い将来を見越してみても「それはない」のではないかと考えています。
いわゆる「自炊」もするつもりはありません。理由は単純です。面倒だからです。
いくらでも読むべき対象はあるしわざわざ自炊してまでiPhone,iPadで自分がすでに読んだ本を再読しようとは思いません。また本としてパッケージされているものはそのものとして扱う方がぼくには合っています。PDFをiPadで読むなどまっぴらごめんです。
その意味でぼくは旧い人間です。
教科書の類いでも事情は同じです。

電車の中で麻酔の教科書を読むことはないし手術室でも教科書の類いを参照することはありません。
“Anesthesia”はweb上のExpert Consult
で購読する権利を本の購入と一緒に買いました。
テキストや図を二次利用できます。参考文献にもリンクが張ってあって便利です。
タダの教科書で英語も平易であり妙な翻訳を読む必要がありません。教科書はこのような利用ができないとPDFの形でコンピュータに入っているだけでは大きな力にならないと思います。
そもそも論文でもコンピュータの画面で読むのであれば紙ベースの雑誌に掲載されている形式のPDF版に較べてよりよい形式があるはずです。”
“Nature”などではinteractiveに論文をPC上で閲覧できるサービスをすでに提供しています。

ぼくも自分のMacで読む場合はこちらを選択します。

R0012555

以前に「新潮文庫の100冊」について書いたことがありました。(参照)
今年もキャンペーンが始まりました。
キャンペーングッズのブックカバーがほしいので何冊か買いました。

英雄の書(上)

英雄の書(下)
甲子園が割れた日―松井秀喜5連続敬遠の真実

人間の建設

の4冊です。

人間の建設」は別に持っていますがよく読み返すので京都の研究室にもおいておきたいと思って買い足しました。420円ですからタダみたいなものです。
これは小林秀雄と岡潔が1960年の8/15-送り火の日ですね-に京都で行った単なる雑談を編集して出版したものですが素晴らしく示唆的で何度読んでも新しい発見があります。
ちなみに前回紹介した「人間の進歩について」も小林秀雄と湯川秀樹の雑談のようなものです。
精神と物質―分子生物学はどこまで生命の謎を解けるか (文春文庫)」は結構マジですが,「人間の建設」と「人間の進歩について」は雑談。でも10倍はおもしろいです。

R0012560

NHKが「スーパープレゼンテーション」という番組を放送しています。

TED conferenceでのpresentationのうち特に興味を引くものを選んで伊藤穣一さんの簡単な解説付きと字幕付きで放送しています。
録画してまとめて視ます。

Clay Shirky氏の
“ How cognitive surplus will change the world”(「“知力の余剰”が世界を変える」ーTEDのページでは「思考の余剰が世界を変える」となっています。-)はとても刺激的なpresetationでした。
リンクをたどれば,presentationがビデオに編集されたものを視ることができます。
まず視てみてください。

ビデオでは望めば日本語でプレゼンテーションのtranscriptを日本語で読むこともできます。
このような日本語訳も「知力の余剰」のおかげをこうむっているだと思います。
「青空文庫」も少なくともその始まりは「知力の余剰」故と言えます。

某診療科の先生方が大勢参加しているmailing listがあるのですが,問題提起があってもMLに意見を投稿するのでなく個人的なやりとりをする先生方が大勢いらっしゃるようです。残念な事です。

百万遍の「レブン書房」が閉店したと「京都大学新聞」で知りました。京大に在籍したことがある人は誰でも知っている本屋さんです。
(京都大学新聞は大学が発行しているのではなく京都大学新聞社が発行している月刊新聞です。頼んだ覚えはありませんが病院の各部署に配られてきます。twitterもやっていますID:@kyotounivpressです。)
寂しい限りです。新潟から上洛してはじめに入った書店が「レブン書房」でした。京都にいても近衛通りの北に行くことはほとんど無いのでノーマークでした。
東一条の交差点の「春琴堂書店」はどうなるのでしょうか。(参照) 心配になってきました。
生協が「ルネ」であこぎな商売を始めたときも生き残った「レブン書房」「春琴堂書店」が消えていくのは…

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数年朝遅くまで寝ていることができなくなっています。
日曜日でも遅くとも7時には起きて活動を始めてしまいます。何も無ければ午前中は駅前のスタバ-徒歩10分-で仕事をします。休日は8時から開いているのですが一番乗りと思っても大抵人が何人かいます。9時,10時と遅くなるに従ってどんどんと席が埋まり11時にはほぼいっぱいになります。長居を決め込んでいる人も相当の割合いてあれで儲かっているのかこちらが不安になります。阪急池田のような田舎でもそうなのですから都会は大変そうです。
IMG_5819
日曜日の午後久々に家内と映画館に行きました。たぶん数ヶ月ぶりです。大阪駅の映画館で観たのは「ローマ法王の休日」。 イタリア映画です。こんな映画がよく公開できたなと思います。カトリック教会も随分鷹揚だと思いました。
病気療養中の法王が亡くなったので選考会が開かれたのですがなかなか決まらない。何度かの投票にしびれを切らした枢機卿達は無難な候補に票を集中させて新法王が選出されたのにその法王が…という内容です。
「偉く」なりたいと思う人はいくらでもいると思いますがそうなりたくない人もたぶん同じくらいの数いると思います。
日本の天皇は選考されてなるのではなく生まれた瞬間にそうなることがほぼ決まってしまいます。あの人達が極端に頭が狂わず一生をまっとうできるということはそれはそれで考察に値することではないかと思います。
日本には「位打ち」という呪詛の一形式があるそうです。(参照
IMG_5972
人間の進歩について 小林秀雄全作品〈16〉 論文の捏造が話題となっています。
小林秀雄に「真贋」という文章がありり以前にこのブログでも紹介したことがあります。(参照
査読に廻ってくる論文をその論文の枠の中だけで「真贋」を見分けるのは容易ではありません。データが気持ち悪いくらいにそろいすぎていて妙だ思ってもそれを理由にその論文を否定することはできません。実験データを全て提出してもらえば解ることもあるのでしょうが論文一つでいちいちそれをやっていたら収拾がつかなくなります。余りに汚いデータの論文を見るとウソはついていないのだろうと思いますが汚すぎて結論が導き出せるはずがないと判断しなくてはいけない場合もあります。
実はこの小林秀雄の小文も実は事実と微妙に異なるようです。(参照)もちろん小林秀雄が話が面白くなるように脚色したのでしょう。 日曜日に湯川秀樹と小林秀雄の対談「人間の進歩について」を読み返しました。 すごく新鮮で示唆に富む対談だと再認識しました。

IMG_5973
昨日はイチローの移籍ですごく盛り上がっていました。
新聞報道によれば彼は

「20代前半の選手が多いこのチームの未来に、来年以降僕がいるべきではない。マリナーズのユニホームを脱ぐのは難しい決断だったが、環境を変えて刺激を求めたい気持ちになった」

というような事を話したそうです。
余りに長い間一つの組織にいるのはよくないと考えています。医者になってから長くとも3年で職場を変わってきたのですが今回はすでに8年目です。若い先生方主体の教室になるのがよいと思います。
自分を何からの理由で積極的に必要としてくれる職場に移れればそれはそれで幸せな事だと思います。
New York Timesによれば

“I came over here wanting to be a help and help this team win,” he said through an interpreter. “Whatever order that is, whatever position it might be, I am here to contribute.”

こんな気持ちです。
IMG_5970

Mountain Lionのダウンロードが進まないので今日はあきらめました。
日曜日に紀ノ国屋で幼少の帝国: 成熟を拒否する日本人を立ち読みして買おうと思ったのですが止めました。
家に帰って,amazonで見てみたら古本がすごく安く出ていたのでそれを注文しましたー結果としてほとんど新品の本が送られてきましたー。
これ面白いです。第四章では高須クリニックの高須先生が登場して熱弁を振るっていました。
人間の進歩について 小林秀雄全作品〈16〉

幼少の帝国: 成熟を拒否する日本人

このエントリーをはてなブックマークに追加

小林秀雄の実質的なデビュー評論は「様々なる意匠」です。
当時の日本文学に存在した「様々な意匠」をおちょくりながら,文芸評論家としての自らの立ち位置を既存の明らかにしたものです。むちゃくちゃ力が入っていて少し難解というかその当時の文壇の事情を知らないぼくには理解が出来ない部分もありますが,何十回も読み返してそのたびに考えることがあります。
初期にはXへの手紙・私小説論 (新潮文庫)で読んできましたが現在は小林秀雄全作品〈1〉様々なる意匠で読んでいます。
文芸評論にくらべたら科学評論は難解かもしれないが単純のように思えますが,個々の論文の評価をリアルタイムにすることはそう単純ではありません。「様々なる意匠」は一回は読んでみる価値のある評論だと思います。
今調べてみると過去にもほとんど同じ事を書いていましたね。ボケがはじまっているようです。

R0010997

患者さんの麻酔後診察をします。
日帰りで帰宅した患者さんは電話インタビューをします。一泊それ以上の入院をする患者さんについては病棟を廻るということになります。平日は看護師さんにお任せしますが土曜日・休日には医者が廻ることになりぼくが担当することもあります。合い部屋の患者さんに根掘り葉掘り聞くのは控えているのですが個室の患者さんとはいろんな事を30分くらい話すこともあります。
ご自分の疾患について質問を受けることもあります。主治医でも無いので適当に答えるしかありません。医療体制への批判とか患者さんのアイデアとかの他に過去に受けた手術・麻酔との比較を話してくれる患者さんもいます。
質問項目は30個くらいあるのですが,必ずお聞きするのは「思ったより楽だったのかしんどかったのか」と云うことです。ほとんどの方は思ったより楽だったとお答えになるわけです。これで満足するわけです。
皆さんが気にすることの一つは「点滴を失敗された」とか「点滴のあとがい痛い」です。重大な事なんですね。必ず一回で確保するように皆で心がけています。デイ・サージャリー診療部では24Gの留置針を使う場合も多いです。輸液するというより麻酔薬,抗生物質の投与ルートなので細くとも何の問題もないことがほとんどだからです。
最近,ぼくらの病院ではテルモ社のある留置針が導入されました。手術室は除いた病棟で採用となったのですがデイ・サージャリー診療部の手術室は病棟と同じものをつかっているので9月から導入されました。
これがなかなか優れものなのです。どうよいのかは使って見れば明らかです。ぼくら麻酔科医に取っては大きな事でも無いような気もしていたのですが使って見るとこれが便利で最近はこの留置針を使わないと調子が狂うまでになりました。
大学院に入学するときに今は亡くなった恩師に「あんた自分の研究がすぐに患者の役に立つだのとかゆめゆめ思いなさんな」と云われました。役に立つとかそういった観点で行う研究には碌なものが無いというのです。もちろん例外はあります。ピロリ菌により胃疾患への関与など研究が直接のきっかけとなり医療を変えたものもあります。iPS細胞のような例もあります。
先生の主張は,医療というものは,別に研究室の研究などによらずとも日々現場で進化していると云うことでした。組織的に行われる場合もあるでしょうし,個人的な学びなどから現場での医療は進化すると云うことです。留置針の進化というのはぼくにはその好例に思えます。学生の臨床実習でも留置針の進化を例に挙げてこの恩師の考えは披露しています。

R0010993

NHKのテレビ番組に「新日本風土記」というのがあり毎回録画して観ています。少し前に「遠野」を題材とした番組が放送されました。
普通のおばさんが,廃校後で「見た」女の子のために毎日朝ご飯を用意しているんですとこともなげに話しているのです。
まさに,小林秀雄が信ずることと知ることとか感想で語っている世界が現代の日本にもあるのですね。うれしくなってしまいました。

R0010989

医学と仮説――原因と結果の科学を考える (岩波科学ライブラリー)
これ多分タメになりますよ。

医学と仮説――原因と結果の科学を考える (岩波科学ライブラリー)

小林秀雄全作品〈1〉様々なる意匠
Xへの手紙・私小説論 (新潮文庫)

このエントリーをはてなブックマークに追加

Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License