今日は緊急手術がぼくの時間にはありませんでした。珍しいです。

でも明日の早朝から某移植が二件入っています。これから寒くなり多くなっていくのではないでしょうか。なんというかどうなんでしょうか。

http://farm7.static.flickr.com/6091/6344544668_8e614f230d_m.jpg

土曜日の夜,家内と映画「マネーボール」を観ました。

以前本(「マネー・ボール」)を読んだことがあり今回映画になったと言うことでこれは観ようと決めていました。

掛け値無しに面白いです。

主人公は誰がやったとしても映画の感動は変わらないと思いますがブラッド・ピットは好演です。

よく考えたらプロットなどは「もしドラ」と同じと言えなくもありません。しかし全く異質の映画です。もし何かの弾みでー飛行機の中で上映していたとかー「もしドラ」を観たとしても,もう一回観ようという人はないでしょうが「マネーボール」は違います。必ずもう一回は観てdetailを確認したいと思うと思います。

内容はこれから観る皆さんのためにあえて書きません。

打率や打点といった伝統的な選手評価の基準を信用せず、地味でも貢献度の高い戦力を探し出し、起用する

研究室の運営にも同じようなことはいえると思います。

あのGLS研もスタープレイヤーなど一人もいませんでした。HIF-1のクローニングにしてももっとも地道なベタな方法を確実に適応した結果です。近くに勤勉なポスドクが来てくれて,カラムの使い方に習熟した研究室があったのが幸運であったと語っていたのを覚えています。
ポスドクも大学院の自体にCNSに論文を出したなどという人は皆無でした。ウソをつかず地道に実験を確実にしてくれるポスドクを彼は求めていたのです。
FIH-1のクローニングもしかり。

研究室に来るまでには一流とは見なされていなかった研究者と共にあのperformanceが出せたー出せるーのですからすごいです。

生命科学研究というのはアイデア次第でホームランとは言えないまでも三塁打位なら打つことは可能ですーと信じていますー。また研究人生の中でその三塁打さえない研究者の方が実際には多いのです。

そう考えるとぼくの研究室も素材はすごい大学院生ばかりでその人たちの活躍の場を提供できないとすればぼくの問題だと思います。

医局運営でも事情は同じと思いますがこちらは書きすぎると差し支えもあるかもしれないので止めておきます。ぼくも各病院を巡って一緒にやってくれる先生方を口説いて廻りたいです。後5人若い生きの良い先生が確保できたらうちの病院の麻酔科はとんでもなくすばらしい所になりますぜ。

ブラッド・ピットの年齢など今まで気にしたことがなかったのですが彼はぼくより年上なのですね。老眼鏡を使うシーンが何度も出て来ますが印象的でした。また彼は今までアカデミー主演男優賞を獲得したことがないのですね。「マネーボール」で狙えるかもしれません。

とにかくこれは,映画館で観た方がよいと思います。打球の音などがハイパーリアルで楽しめます。

http://farm7.static.flickr.com/6035/6343807387_b3e1e6bf76_m.jpg

ところで土曜日にiPhone4Sゲットです。
ヨドバシカメラで「当日持ち帰り可」だったau64G白にしました。
そもそも家族はauなので何の問題もありません。
速いです,きれいです。
まだの人はお早めにどうぞ。

御大怒っています。でもぼくらがどれほど努力というか自分の命を削ってやっているかを知ればこんな事は言えないと思います。ハッキリいいます。御大は何も解っていません。

マネー・ボール (RHブックス・プラス)

このエントリーをはてなブックマークに追加

Tagged with:  

秋晴れですね。気持ちのよい秋分の日です。

麻酔後の診察でえらく話し込んでしまいました。いろんな人がいろんな事を考えるのですね。

いろいろと滞っていた事に殆どケリをつけることができたました。査読も全部捌けたし,某原稿も今朝送りました。やっていないのはこれのビデオ編集だけです。
論文の作業も本格的に再開します。
科研費の作業も始めます。

PLoS ONEに
Analysis of Hypoxia and Hypoxia-Like States through Metabolite Profiling

PLoS ONE 6(9): e24741. doi:10.1371/journal.pone.0024741

が載っていてこれはやられたなと言う気がしました。この観点はとても重要だと思います。

R0010913

月曜日に「最後の忠臣蔵」という映画をケーブルテレビで見かけて結局最後まで観てしまいました。
ストーリーはたわいもないもので最初から結末が解っているようなその意味では底の浅いとも言える映画でした。たぶんテレビの二時間ドラマくらいでちょうど収まるようなそんな感じの映画です。

赤穂浪士による討ち入り直前に”逐電”した瀬尾孫左衛門が実は大石内蔵助の命を受けて”隠し子”「可音」を乳飲み子の時代から立派に育て上げ京都の豪商に嫁がせてその後…

という映画です。

伏線の張り方がおかしくてちぐはぐなシーンが唐突なに出てきます。

二人の関係もなんか微妙な描き方で,「うさぎドロップス」の最期みたいな結末かもとかそんなわけはないとか思わせながらありきたりの最期を迎えるわけです。可音の入浴シーンは何だったのでしょうか。「水戸黄門」じゃないんだから。

しきりに「使命」という言葉が出ててきます。「使命」だから可音を育てたのだというわけです。

この映画,デタッチメントからコミットメントの方向性でなくコミットメントからデタッチメントの方向性で進んでいるな〜と言うような感想を持ちました。

リトル・ピープルの時代」にはまっていていろんなことをこの本の視点から眺めてしまいます。
そんなことを考えならが観ていたら終わっていました。

偶然前の日に「うなぎ」も観たのですが,役所広司ってすごいね。二枚目過ぎるところが欠点と言えば欠点でしょうか,モテる役以外ができないというか。

R0010907

iPhoneがauからも出るというニュースがあります。実はぼくソフトバンクで何も困っていないんですよね。
ぼくが重視するのはネットにつながるかどうかでいつもdocomoのモバイルWiFiルーターを持ち歩いているので”どこでも”つながります。
docomoがつながらないならこれはあきらめるしかありません。ぼくは,結局ソフトバンクでiPhone5にしちゃうような気がします。

来週,麻酔科の専門医試験があるようです。
ぼくは医者になって9年目にのこのこ受験しました。大学院を出て病院で助手になって研修中の先生の指導を初めてこれは指導医ー当時は専門医という呼び方はありませんでしたーの資格は取っておく必要があるということで受験することにしました。学会費の5年分くらい滞納していてー院生の時に破門されてグレていたのです。ー耳をそろえて払って会員資格を復活させてもらいました。
毎回研修中の先生のお昼交代の時に彼らの教科書を読んで勉強して過去問題を解いたら8割はあったので以後勉強するのを止めましたが試験には合格しました。自分では受験用には一冊も本を買いませんでした。自分で持っていたのは,「Miller」と「MGHの麻酔のてびき」のみ
落ちたら大学病院は辞めようと思っていましたが合格したので今に至ります。

筆記と面接を一緒に受験したのですが初日の筆記試験のあと合格でないと次の日の面接に進めません。N波さんと一緒に発表を見に行き合格を確かめてからその日のホテルを探すというありさまでした。牧歌的な時代だったのです。

一昔はその程度の試験だったのですが今は皆さん猛勉強しているようですね。試験というと勉強しないと気が済まない人もいるかもしれませんが何かの役には立つかもしれませんので,がんばってください。

院試,学会,JBPOTというスケジュールの先生もいるそうです。こちらもがんばってください。院試に落ちると大学院生にはなれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「匹夫不可奪志」

On 2011/9/18 日曜日, in book, books, Lifehacking, by bodyhacker

暑いです。

映画館に久々に出かけました。
観たのは「蛍火の杜へ」でした。
立ち見がでるほど大当たりーといっても映画館が小さいのですけどーです。
「うさぎドロップス」自分では観る予定だったのですが家内に反対されました。

見終わってロフトでほぼ日手帳の refilleを入手。今年はカバーを新調するのはやめました。

そのままMARUZEN&ジュンク堂書店へ。
書店に来たのも久しぶりです。
リトル・ピープルの時代
立ち読みしたら面白かったので買いました。
すごく腑に落ちる視点だと思いました。時間を見つけて読んだ方が良いと思います。
大きな「物語」が否定というか破壊とか「精神的な囲い込み」とかのキーワードに代表される時代精神って確実に医者の振る舞いにも影響しているね。

気になっていた「モレスキン 人生を入れる61の使い方」も読んでみました。これって要するに「ほぼ日手帳公式ガイドブック2012 どの日も、どの日も、大切な日。」のmoleskine版ですよね。

その後HERBIS PLAZA ENT のソニーストアで新発売のtablet端末を触ってきました。なんというかこれは微妙ですね。 “Reader”も入っているといってもあれではな〜。

iTunes Storeで村上龍メールマガジン「JMM」で連載中の冷泉彰彦さんの「from 911/USA レポート」をまとめたものが,iTunes Storeで電子書籍アプリとして売っています。
これ留学中から毎週読んでいますが,それを全部では無いけどまとめたものがたったの350円で読めてしまうわけです。
ブッシュ大統領によるトマホークミサイルによるアフガニスタン爆撃開始のアナウンスも自動車を運転中,高速道路への入るところで,ラジオからリアルタイムで聞いた記憶も思い出しました。
まとめて全部読むと感慨深いです。iPadでよかったです。

小林秀雄に「匹夫不可奪志」という文章があります。
1941年に雑誌「文学界」に掲載された評論というか随筆です。

大変短くどんなにゆっくり読んでも10分で読み終わりますので折に触れて何度も読み返します。
小林秀雄全作品〈14〉無常という事」の冒頭に収録されています。
文庫本にもなっていてこれは「Xへの手紙・私小説論」に収録されています。

論語の一節
子曰、三軍可奪帥也、匹夫不可奪志也。(子曰わく、三軍(さんぐん)も帥(すい)を奪うべきなり。匹夫(ひっぷ)も志しを奪うべからざるなり。)をネタにしたものです。
「三軍の大軍であっても元帥(大将)を捕縛してその指揮権を奪うことができる。しかし、1人の人民でもその意志を強引に奪い取ることはできない」という意味だそうですが小林秀雄はそう素直には解釈しないのです。

「君子の志すところと、匹夫の志すところとは、無論大変違いがあると考えていいが、匹夫の志でも、志である以上、奪うことは出来ない。これは非常に困った事であるが、虚心に人生に接すれば、まさしくそういうものである。
自分は悧巧だと己惚れたり、あの男は悧巧だと感心してみたりしているが、悧巧というのは馬鹿との或る関係に過ぎず、馬鹿と比べてみなければ、悧巧にはなれない。実につまらぬ話であるが、だんだんと自分と周囲に見付かる馬鹿の人数を増やすというやり方、実に芸のないやり方だが、ただそういうやり方一つで世人はせっせと悧巧になる

「どうも、余り解り切った平凡な事と思われるせいもあろうし、第一ぶつぶつ言う声が甚だ低音であるせいもあって、経験というものを、何かの為にする手段とか、何かに利用する道具とか思い勝ちな人には聞こえにくいのであるが、それは兎も角、いずれにせよ、経験の方では、ぶつぶつ言うのを決して止めない。それに耳を傾けていさえすれば、経験派にも先験派にもなる必要はない。この教訓は単一だが、深さはいくらでも増して行く様である。そして、あの世界がだんだんとよく見えて来る、あの困った世界が。それぞれの馬鹿はそれぞれ馬鹿なりに完全な、どうしようもない世界が。困った世界だが、信ずるに足りる唯一の世界だ。そういう世界だけが、はっきりと見えて来て、他の世界が消えて了って、はじめて捨てようとしなくても人は己を捨てる事が出来るのだろう。志を立てようとしなくても志は立つのだろうと思える。それまでは、空想の世界にいるのである。上等な空想であろうと下等な空想であろうと。それまでは、匹夫不可奪志也と言った人が立てた志はわかろう筈もないのである。」

こんなことがずらずら書いてるのですが自分の置かれている状況がそのたびに違うので自分でも一様に解釈出来ないのです。
よくよく考えると何が言いたいのか解らないけど読む度に何か解った様に思えるのは「当麻」「無常ということ」「徒然草」も同じです。
これ全部40歳の時の文章ですからね。

リトル・ピープルの時代
Xへの手紙・私小説論 (新潮文庫)

ちょっと早起きして結構仕事片付けました。原稿を読み込んでコメントを書いてく行く仕事です。火曜日に一斉に返事させてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License