明後日5/23から札幌市で日本麻酔科学会 第60回学術集会が三日間の予定で開催されます。

初日に出番がある以外は余裕のある日程です。

まず「会長企画」の

A01:PONVを考える (2013/5/23(木)08:30~10:30 第04会場)

に参加します。 初日の朝一番です。イヤな予感がします。

 

午後からは

Q02:神経 優秀演題1 (2013/5/23(木)13:30~15:00 第11会場)

の審査員です。

演題は以下の通りです。

[Q02-1]臨床濃度のプレガバリン・ガバペンチンは糖尿病性神経障害性痛動物モデルにおいて、一次求心性終末からのグルタミン酸の放出を抑制しない。 GABApentinoids don’t affect glutamate release from primary afferent terminals in diabetic neuropathic pain model rats

馬場洋 先生 (新潟大学大学院医歯学総合研究科 麻酔科学分野)

[Q02-2]末梢神経損傷マウスにおける脊髄後角内の興奮性シナプス伝達に対するプレガバリンの効果 Inhibitory effect of pregabalin on excitatory synaptic transmission in the spinal dorsal horn of neuropathic mice

松澤理恵 先生 (獨協医科大学病院 麻酔科学教室)

[Q02-3]扁桃体機能は海馬における全身麻酔薬作用を修飾する ー扁桃体/海馬複合体スライスを用いた検討ー Amygdala function modulates general anesthetic actions in hippocampus: Electrophysiological studies in amygdalohippocampal slices

佐々木利佳 先生 (富山大学附属病院 麻酔科)

[Q02-5]Syntaxin 1Aノックアウトマウスにおけるセボフルランの脊髄後角興奮性シナプス伝達に対する作用の減弱 Effects of sevoflurane on spinal excitatory synaptic transmission in syntaxin 1A knockout mice.

國分伸一 先生(獨協医科大学 麻酔科学講座)

[Q02-6]セボフルランによるマウス視交叉上核の時計遺伝子mPer2発現抑制に関するエピジェネティック解析 The epigenetic mechanism of repressing the expression of clock gene Per2 by sevoflurane in the suprachiasmatic nucleus of mice

森啓介 先生 (日本医科大学 大学院医学研究科 疼痛制御麻酔科学分野)

これは最優秀演題を決めるコンテストです。嫌らしい質問を浴びせていこうと思っています。

いま気づいたのですが[Q02-4]ってどうなったのでしょうか?

 

その他今回ぼくの関連する演題は

[P1-11-6]膵β細胞MIN6の静脈麻酔薬のインスリン分泌に対する影響の検討 The effect of intravenous anesthetics on insulin secretion in pancreas beta cell MIN6.

鈴木堅悟1,広田喜一1,大条紘樹1,甲斐慎一1,松山智紀1,福田和彦1(1.京都大学大学院 医学研究科侵襲反応制御医学講座麻酔科)

鈴木さんは仙台に戻られました。

[PD1-17-5]婦人科短期滞在手術におけるデスフルラン麻酔後の悪心嘔吐に関する検討 Comparison of the effect of Desflurane and Propofol on post operative nausea and vomiting in ambulatory gynecological surgery.

澤登慶治1,佐藤雅美1,広田喜一1,福田和彦1(1.京都大学医学部附属病院 麻酔科)

澤登先生は香川に戻られました。

Q11:救急ICU 優秀演題(基礎)2013/5/24(金)13:45~15:00 第11会場

[Q11-1]麻酔薬は敗血症時の視床下部における炎症性サイトカイン誘導を抑制する General anesthetics suppress sepsis-induced up-regulation of inflammatory cytokines in mice hypothalamus

田中具治1,広田喜一1,甲斐慎一1,松山智紀1,福田和彦1 (1.京都大学医学部附属病院 麻酔科)

Q10:ペイン緩和・局所麻酔 優秀演題(基礎)2013/5/24(金)13:45~15:15 第10会場

[Q10-2]神経因性疼痛モデルラット脊髄における低酸素誘導性因子とその下流遺伝子の発現について Expression of hypoxia-inducible factor 1 and its downstream genes in the spinal cord of rat spinal nerve-ligation model

松山智紀1,佐々木美佳2,天谷文昌3,広田喜一1,福田和彦1(1.京都大学医学部附属病院 麻酔科,2.京都府立医科大学麻酔科,3.京都第一赤十字病院麻酔科)

というわけで田中先生と松山先生も最優秀を目指して登壇します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Tagged with:  

北海道にやってきました。普段より遅く起きて自宅を出発しましたが問題なく到着。

飛行場は当然ながら全く寒くなく,JRに乗り換えても却って暑いくらいではいてきたヒートテックのパッチを電車の中だけど脱ぎ捨てたくなるくらい暑く感じました。

とはいえ札幌に近づき扉の開閉の頻度が高くなるに従い電車がなんか冷えてきて脚も確実に冷たさを感じるようになり駅に到着してホームに降りて少し歩くだけで耳がもげそうになりました。

研究会会場(北海道大学)に向かう前にお昼ご飯を食べることにしました。

札幌といえばスープカレー。
駅から歩いてすぐのhirihiri二号店を選びました。店に到着したのが 11:25で開店5分前。二組のカップルがすでに待っていました。”お上りさん”として札幌のスープカレー事情について質問したら親切に答えてくれました。そうこうしていると開店となりぼくはチキンベジタヴォー(辛さ 4, トッピング無し)を注文してとっとと食べて会場に向かいました。
http://farm6.static.flickr.com/5100/5397685003_ed6b3cd10b_m.jpg
http://farm6.static.flickr.com/5252/5397757283_8123765c5d_m.jpg
道中死にかけました。身体がすーすーしてくるし,横断歩道では転びかけるし。

あと15分歩いてたら芯まで冷えて失神したと思います。

会場は北海道大学の学術交流会館でした。

http://farm6.static.flickr.com/5092/5397696243_84f966185f_m.jpg

12:30くらいに到着した時点では参加者の集まりは余りよいとは言えませんでしたが定刻になると会場いっぱいの入りで最終的には100人弱の参加者であったそうです。用意していた席はほぼ埋まっていました。

シンポジウムの内容は充実していたと思います。北海道ベースで活躍されている先生方のお話でしたが, ”HIF”という言葉が主役でない面白い研究を聞かせていただきました。(内容は今日は省略です)。

懇親会は場所を北大生協に移して行われました。

こちらも盛況でした。北大は学内での飲酒を許可してくれるのですね。良い大学です。

一年ぶりの先生方とも結構話せたのでぼくは満足でした。

http://farm6.static.flickr.com/5175/5398290392_ac6fe35cba_m.jpg

その後,北大の野口さんと院生とH田さん,M嶋さんと座談会を市内某所で開催しました。

久々に野口節を聞けてさらに満足。

明日は9時からポスターセッションです。54題あります。

行きの飛行機の中でmedtoolz氏のレジデント初期研修用資料 医療とコミュニケーションについてをざっと読みました。

22年目の麻酔科医であるぼくには役に立たないまたは”すこし違うのでは”ないかと思う箇所もありましたが初期研修を行っている先生方は時間を見つけて一読すべきものだと思いました。

付録の「訴訟になったら」の章は,どの診療科の医者でも一回は読んでおいた方がよいと思います。

金曜日ブログへのアクセスが多いと思ったら皮膚科の椛島先生のブログのエントリーからでした。

広田先生のブログの最後数行がとても気になりました。
本当はそんなこと思ってないのに・・・。

本当にそう思っているんですよ,てへへ。

臨床の部署でも研究室でも自分に与えられている権限というものがあります。ぼくの研究室に運営はぼくに100%の権限があります。ぼくはPI(principal investigator)だからです。

しかし臨床の場面ではそうも行かない場合があります。

研究も臨床も自分で直接やっている分にはこんな楽しいことはないのですが歳を取るとそうも行かなってきてくるのだと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Tagged with:  

第8回がんとハイポキシア研究会の開催が迫っています。

札幌で二日間にわたって開催です。

初日の1月29日(土)にシンポジウムを、翌1月30日(日)にポスター形式の発表を行います。

今回のポスターは53題。

かなり濃い研究会になると思います。

詳しくはこちらからどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

madeonamac.gif Creative Commons License