ご無沙汰していますが生きています。

何かと忙しくまたネタもなく更新が滞っていました。

ネタに困ったときは自虐ネタを繰り出すというのが定法ですが…

当直の夜シャワーの後のOS-1はまさにbliss

坂本龍一さんが「schola 坂本龍一 音楽の学校」と題する番組を NHKで以前やっていました。
放送自体はすでに終了しているのですが10月の末から日曜日の夕方に特別講座と題して4回予定でdigest版を放送しています。

一回目は「3教授が語る“スコラの喜び」というタイトルで坂本さんと浅田彰さん、小沼純一さんの三人のベートーベン論でした。

番組冒頭、浅田さんが坂本さんに”教授”と呼びかけるのですが坂本さんは、「自分は教授ではない」と答えそれについて浅田さんが自分たちは大学の教員だから習慣に従って”教授”と呼ばれるのだが坂本さんは大学に籍を置いていないけど教授と呼ばれるのにふさわしい人なのだというようなやりとりをする場面があります。

まあそうなのでしょうね。

ぼくなど大学で結構長く教員をしているのですが、教授でもないわけです。

二回目は「“音”で楽しむスコラ・バッハ編」ということでバッハを俎上に上げ音楽の構成要素について解説していくという趣向です。

主題と変奏対位法通奏低音和音などをバッハの音楽に即して解説していくのです。

番組を見ていてこれは研究を進める手法とよく似ているなと思いつきました。

ぼくの領域はいわゆる実験医学というか実験生物学です。

実験結果から何かを主張していくということを繰り返してきました。

まったくあたらしいものー例えば iPS cell-を記述するのではなく、生物に備わっている仕組みをある角度から解析して皆が納得できる形で提示して論文として発表すると一つのプロセスが終わります。

一つ終われば次という風に続けていくのでがそのプロセスは主題と変奏、対位法、通奏低音、和音のような要素で構成されています。

All researches are sequels: influence is bliss

というわけです。

大学院生も自分が今やっていることがぼくが今までやってきたことのどこら辺に位置づけられるのか、またどんなことをすればぼくがやってきたことから離れて独自の領域に向かうのか意識して日々の実験、研究生活を送ることができればこれは博士に値するというわけですが、これが解らない人は論文ができて学位を取っても”クソ博士”だね。

4245d542afd54b7387c605b0a14f8b31_7

Apple TVってすごそうですね。

うちのテレビはネットにつながっていてYoutubeや NHKオンデマンドなどは観ることができるのですがこれがあればどんなテレビでも入力端子さえあればOKみたいです。でも映画とかみる時間がない! 結局iPadに蓄積していろんな場面で観るしか時間が取れないよ。

関連するエントリー:

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

Powered by Facebook Comments

Tagged with:  

One Response to All researches are sequels: influence is bliss

  1. Daj より:

    身にしみました。
    クソ博士にならないように努力します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

madeonamac.gif Creative Commons License