当直です。あわやというところでまた完徹となるところを何とか回避できました。
土曜日から覚悟はしていたのですがあっさり終わってしまい幸せを噛みしめています。

http://farm7.static.flickr.com/6029/5901155689_f661e6127c_m.jpg

http://farm6.static.flickr.com/5119/5901703382_5e25f6e709_m.jpg

土曜日の午前中に母艦のiMacとmacbook airが妙な現象に見舞われていることに気づきました。
トラックパッドの矢印の先端が勝手に振るえたりしてしっかりと”ある一点”を捕らえられない,それに加えてキーボードで文字を入力しようとすると余計な文字が勝手に入力されたりすると言う現象です。
きっと数日前にOSを 10.6.8にアップグレードしたことが原因だろうとうじうじと悩んでいたのですが,午後から同門会に出かける予定があったのでそれ以上の追究はできずでした。
今日手術室でMBAを起動すると土曜日の妙な現象は再現されませんでした。何だったのだろうと思いましたが直ったのだからよいのだと言い聞かせ手術室から研究室に戻りiMacを起動してトラックバッドのスイッチを入れると土曜日の現象は再び現れませんでした。悪い夢でも見ていたのだろうと思いそのまま使っていると15分ほどしてまた例の現象が再現されるようになってしまいました。
試しにMBAを起動させるとさっきまで機嫌良く動いていたMBAのトラックバッドが土曜日の様に動くではありませんか。
こうなるとぼくの机の廻りが何かの祟りにあっているとしか考えらなれなかったのでMBAを持って5mほど机から離れて見たところ正常に動きます。祟りの原因を見つけるべく周辺機器の接続を外したりいろんな事を試しているうちにUSB portに接続していたGriffin TechnologyのPowerMateをUSBの接続口から取り外すとこの現象がすっかり消えました。どうも原因はPowerMateだったようです。このPowerMate米国から帰国して以来結構重宝していたのですがここでダメになったようです。これですっきりして仕事ができるようになりました。

http://farm6.static.flickr.com/5273/5901717748_80ccd6ba8f_m.jpg

今日のtweet
こういう事はありますねfacebookには。
ぼくは結局は言いたいことを言いたいだけなのですよ,結局は。

とはいえ,facebookもうまく使うとネット討論会などもできます。
例えば

うまく”補助線”を引くような研究ってあこがれますね。まさにかくありたしとぼくは思っています。cancer stem cellだってある種の補助線となっているのであれば実体がどうであれ一定の有用性はあると思います。かつてのサプレッサーT細胞が果たした役割のように。ある論文での主張がそれを読んだ人の奥底に入り込みその後のその人の発想を無意識のうちに変えてしまうような論文ってすごいですよ。

なんてね。

http://farm6.static.flickr.com/5319/5901141083_47e95557c7_m.jpg

関連するエントリー:

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

Powered by Facebook Comments

Tagged with:  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

madeonamac.gif Creative Commons License