ASA2011 Day(-1)

On 2011/10/14 金曜日, in hypoxia reseacrh, Thus Spoke Dr. Hypoxia, by bodyhacker

ASAのannual meetingに参加するため明日渡米します。院生3人と総勢4人の道中です。
Chicagoの後はJohns Hopkins UniversityのGLSと研究打ち合わせのためにBaltimoreに転戦です。
Baltimoreは2002の2月以来の訪問です。Wolfe St.のmedical campusもだいぶ変わったようです。楽しみです。
天気がよいと良いのですがどうなるのでしょう。

米国からも折に触れてエントリーの投稿をしていこうと思っています。

某研究費の申請は今日の午後で自分が研究代表の分と分担の分一つは終わりました。もう一つ分担の分を代表の先生と仕上げれば来年度向けの申請はお終いです。
いつも思うのですがあの分量でどうやって審査して採択をきめるのでしょうか。不思議です。
また科研費は期間が終われば報告書を提出してお終いです。費用対効果など誰も問いません。これも不思議です。
ともかく,申請書はもう少し分量を多くして研究の詳細をもう少ししっかりと書き込むようなものにしていってもらいたいとぼくは思っています。ちょっとした思いつきの申請が無くなると思います。

科学研究費助成事業における審査及び評価に関する規程」が公表されています。
学識を有した教授,准教授の先生方が審査をしてくれるのだそうです。審査区分は「麻酔科学」で出していますからぼくを知っている人が審査を担当してくれるのだと思います。
提案の新規性とかも大切ですが実現性にも目を向けてほしいと思います。過去5年で論文が3つとかの申請が計画通りに進むとかはあり得ないと思います。余り書きすぎると問題も出てくるかもしれませんのでこれくらいで。

R0011178

結局iPhone4Sはおろか,iOS5にもupgradeできないままでした。

関連するエントリー:

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

Powered by Facebook Comments

Tagged with:  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

madeonamac.gif Creative Commons License