昨日の当直は難なく切り抜けましたが終わったとたんに強烈な眠気に襲われ結局6時間も眠ることに。当直は何もなければアパートに移動したりする時間が省けてよく眠れます。当直室ですが朝起きたときにもう少し暖まっていると申し分ないのですがK大病院ではそれは無理です。

カメラロール-542

頼んでもいないのに毎週送ってくる-しかも全文がいつでもどこでもネットで読める-「医学界新聞」の第2967号に李啓充先生の「セラピューティック・タッチ」というタイトルのエッセイが載っていました。
セラピューティック・タッチ(therapeutic touch)つまり「手かざし療法」です。いろんな疾患に対する「臨床研究」が行われていると言うことです。
今回紹介されている論文は
Complementary medicine for fatigue and cortisol variability in breast cancer survivors : A randomized controlled trial
Cancer. 2012 Feb 1;118(3):777-87. doi: 10.1002/cncr.26345
乳癌患者の慢性疲労に対する「手かざし療法」の効果を調べたという論文です。
この論文の結果を解釈すると「手かざし療法」の疲労の軽減効果はどうもいわゆるプラセボ効果であるようです。
しかしアメリカではこの「手かざし療法」いまだに絶大な支持を集めているのだそうです。それじゃなければこんな臨床研究が実際に行われてこんな雑誌に載りませんよね。恐るべし。
日本で「手かざし」といえば「真光」ですね。「手かざし」の有効性を証明したら研究費くれるでしょうか?ー今調べたらFacebookにもページ開いていました。さすが。

「手」と言えばNew York Timesの記事
“Each Flick of a Digit Is a Job for All 5”
も合わせて読みたい記事です。
手の指の動きについての蘊蓄を得ることができます。あなたが医者ならこれくらい知っておくと医者らしく思ってもらえる局面があるかもね。

カメラロール-567

毎週水曜日に病院のデイ・サージャリー診療部で日帰り手術に対する麻酔についての学生実習を担当しています。毎回5−6人の学生さんと3時間近く過ごします。
外来棟の4回の北東の角にあるデイ・サージャリー診療部には6つの手術室があります。そのうちの3室は麻酔科が管理する手術・検査に使用して残りは各科の先生方の局麻手術に使用されています。麻酔科管理症例は年間1500例です。外来の手術室ですので基本的には17時で閉まります。
一方,病院の中央診療等にある手術部には手術室が16室あります。週に二回ほどそのうちの二部屋を眼科が占有しますが基本的にそれ以外は麻酔科管理の手術が行われています。心臓移植は今はやっていませんが肝臓,肺移植を含む手術も行われています。実質的に時間制限はありません。
これくらいの情報を与えておいてから学生さんに質問です。

それでは手術部の手術室では年間に麻酔科管理手術は何例くらい行われているのでしょうか?

いろんな答えが出て結構楽しめます。
フェルミ推定というのでしょうか。地頭力が露わになる質問です。
「あんた何にも考えていないだろう」という学生さんもいます。たぶん地頭力が無いわけでなくあまりにもバカな質問に対しての一種の抗議なのかもしれません。
麻酔科に勧誘するのがホントなのでしょうが物欲しそうに思われるのも心外なのでしていません。どの診療科に進んでも解かれていない問題は山積みだし,また問題が明確となっていない事もいくらでもあるので心配せずにエイやっと診療科を選ばれたらよいのではないかとお話ししています。ぼく自身結構簡単に麻酔科を選びましたが24年も続いています。
最後に記念撮影をしています。全員分溜まれば係りの人にお渡しします。

週末にNHKのETV8を録画したものを見ました。
「見狼記 ~幻想の獣王を探す」です。 
絶滅したと思われているニホンオオカミを探し求めている人たちのルポです。なんでこんな番組作ろうと思ったのかすごく不思議な番組でした。ぼくはオオカミはまだ「いる」と思いました。あれは野生化した犬じゃないぜ。オオカミとイヌって頭蓋骨を比較すると判別ができるそうです。

さて久々に「今日のtweet」です。
データの無いlab. meetingってつらいんですよね,たぶん。幸いアメリカにいたときは全然困りませんでした。negative dataをどうどうと示して納得してもらえるようになったら一人前かも。
では。

カメラロール-541

某論文ネタで新聞に載るかどうかが焦点となっています。結構どきどきしています。

関連するエントリー:

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

Powered by Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

madeonamac.gif Creative Commons License