30日はアパートの掃除をしてみました。

BILLYを一台、旧い掃除機、新たな色の敷物をinstallしてかなり見違えるようになりました。ハウスダストによる気管支収縮が5時間くらいは持続しました。これがぼくが掃除をしない理由です。

麻酔におけるcollective intelligenceって何か考えてみました。

麻酔記録というものがあります。一回一回の麻酔に関して麻酔科医の医者が麻酔の経過を時系列で記録したものです。患者さんが手術室に入った時点から手術室を退室するまで基本的には5分おきに患者さんのバイタルサインとともに薬剤の投与、手術の進行状況など麻酔中の出来事が記載されています。

各病院で用意されている専用の麻酔記録用紙にボールペンで記入することが多いのですが最近では電子麻酔記録というシステムも普及してきています。インターフェースは各社いろいろですが多分やっていることはそう複雑でないはずです。つまり各モニターが採取するバイタルサインー血圧、脈拍数、酸素飽和度などなど心電図の波形以外はタダの数字ーを一定の間隔でコンピュータに取り込む。そのデータを専用のアプリケーションを用いて従来の麻酔記録のような形式で閲覧できるようにするという仕組みです。ですので一つ一つの麻酔記録はホストーというような立派なものかどうかはさておきーのデータベースでは時間を5分おきなどに限って心電図の波形を省けばエクセルのシート一枚に数字と文字が書き込まれているだけのものになっているはずです。

個人情報を省いてこれをデータベースに登録して共有できるはずです。症例報告や臨床研究の場合すべての麻酔に関して上記のような形式のシートの添付を前提とするというような取り決めを作っていく。特に麻酔の一例報告の場合麻酔記録の添付があると理解が深まりますね。学会も麻酔台帳の開発もいいですが、記録のformatや簡単な viewerの開発など行ってみたらどないだ。提案してみるかたぶん却下だと思いますけど。

将棋や囲碁の棋譜がデータベースに入っているようなものができたら便利です。いろんな研究もできますよきっと。

昨日の夜 submitしていた原稿の結果がとてもひどいコメントともにもどってきました。ココイチでカレーを待ちながらiPod Touchをcheckしたらmail到着。

驚くべき事に reviewerの名前が明記されていました。一人目は因縁のあるcompetitorですが至極まともなコメント。二人目は恨みを持っているしか思えないコメント。

関連するエントリー:

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

Powered by Facebook Comments

Tagged with:  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

madeonamac.gif Creative Commons License