学資ローン

On 2010/6/21 月曜日, in paper of the week, Thus Spoke Dr. Hypoxia, by bodyhacker

週末にその数学が戦略を決める (文春文庫)読みました。
こっちに書いてみました。

エントリー医学部の学費は値上げすべきだ読みました。

最近奨学金を出して田舎に医者を縛り付けようという制度がそこここで始まっていますが、こんな感じのローンが一般的になってくれば一括返済ではいさようならということも可能ですよね。医学生でなくリアルに医者になった人に 3000万くらい貸しつけて焦げ付くことはないのだから。

しかしこの制度30年前にあったとしてうちの親は踏み切れなかっただろうな。そもそもぼくを大学にやるという発想が無かった人たちですから。

結局6年で大学に払った学費は 150万円くらいだったような。研究を始めて一年で元を取りました。

結局”走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)”も買いました。アパートに置いておく分です。

しかし気分が晴れないな。なんであんなことするのだろう、理解できません。

関連するエントリー:

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

Powered by Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

madeonamac.gif Creative Commons License