Investigating the dependence of the hypoxia-inducible factor hydroxylases (factor Inhibiting HIF and prolyl hydroxylase domain 2) on ascorbate and other reducing agents

Biochem J 8 Jan 2010

Schofield氏のlabから かなり示唆に富む良い論文だ思います。

Downregulation of a tumor suppressor RECK by hypoxia through recruitment of HDAC1 and HIF-1alpha to reverse HRE site in the promoter

Biochim Biophys Acta 15 Jan 2010

一昨日紹介した論文とは異なる機序によるのかな まだ詳しく読んでいないので不明

IMG_6069.JPG

なぜ理系の秀才はみな医学部に行くのか? —標準的ファイナンス理論からの考察—というブログのエントリーがあります。

少しびっくりしました。ネタだと直感で思いました。

もちろん、受験勉強の才能と技術開発競争やビジネスの才能は同じものではないということはいうまでもないが、ある程度は正の相関があることも確かで、やは り日本の理数系の才能が、必ずしもそういった素養が役立つわけではない医師という仕事に独占されているというのは大きな社会的損失という他ない。

こんなことが書いてありましたが医学部の学生や医者の能力をかいかぶっておられるような気がします。そんなに大げさな能力でしょうか。ちょっと試験のデキが良かっただけのような気もします。

その割には医者の仕事を誤解しているような気もします

医師の仕事の多くが厚生省の官僚と製薬会社によって定型化されており、必ずしも理数系の才能が必要とされるわけではない。
また、外科手術のような分野は、受験勉強の才能より、手先の器用さといった素養がより重要であることはいうまでもなかろう。

こんなに単純な話ではないと思います。手先の器用さだけで外科医は務まらんよ。一回朝から手術室を見学したらどうでしょうか。

このエントリー中の医師の年収の分布をみてびっくりしました。これで卒後10年目の医師のデータだそうですが家内には見せられませんね。怒られてしまいます。

最後に

しかし、筆者のように無私の心で、世界の貧困問題を解決するため、日夜、金融市場で流動性を提供するという社会的に掛け替えのない職務を遂行してきた人間 でさえ、世界的なポピュリズムに迎合する無知な政治家の犠牲者となり、いわれのない懲罰的課税を科され大幅なボーナスの減額を余儀なくされたのである。
そのことを思えば、お医者さんの給料が半分になることぐらいそんなに大したことじゃないのではないだろうか?

これはネタとしか考えられません。自分のボーナスが減ったことが何か関係あるのでしょうか。

医学部を卒業しなくとも医師国家試験を受験する道を拓けば医者の数が増えて自ずと収入も調整されてくるのではないでしょうか。その頃にはぼくは引退かもしれませんが…

関連するエントリー:

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

Powered by Facebook Comments

Tagged with:  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

madeonamac.gif Creative Commons License